結婚適齢期とは

結婚適齢期とは、男女ともに結婚することが適切であると考えられる年齢のことを言います。
ですが、この結婚適齢期は、時代や文化により変化すると言われています。
最近は、晩婚化が進んでいるので、30歳を過ぎてから結婚をする人が増えていますが、現在の日本の結婚適齢期は約24歳ということになっています。
結婚適齢期は、世界各国の文化により変化したり、貧富の状況により変化したりしますが、日本でも数十年前は、女性は16歳ぐらいで結婚し、出産をするのが普通でした。
この頃は、女性は子供を多く出産しなければいけない状況にあったからだと言われています。
近年は、個人の意見や意思が優先されるようになったため、強制的な結婚などはなくなってきましたが、出産や育児は、今現在でもなるべく早い年齢のうちにした方がよいという意見はあります。

Comments are closed.