薬剤師になるためには

私たちは日頃、病気を治すため、または予防のために薬を服用したりしています。
薬は、病院やクリニックで診察を受けて処方してもらったり、薬局に直接に買いに行ったりすることで手に入ります。
薬は製薬会社で製造され、病院や薬局などを通じて私たちの元に届くまでの段階で、薬学に基づき専門知識を活かしながら活躍している人を薬剤師といいます。
薬剤師になるためには、大学で薬学部に進学し、薬学に関することを勉強し、薬剤師の国家資格に合格する必要があります。
国家資格さえとれば薬剤師は求人数が多いため転職サイトで簡単に転職先がみつかります。薬剤師は病院内の薬局、調剤薬局、ドラッグストアなどで、医者の処方箋に基づいた薬を調剤したり、製薬会社や研究室などの薬に関係する色々な所で薬剤師は働いています。

Comments are closed.