5大栄養素

食事の際、エネルギ―源となるものが、タンパク質、炭水化物、脂質が三大栄養素と呼ばれています。
これに、身体を整える為にあるのがミネラルとビタミンで、これらをすべてで5大栄養素を言われています。

タンパク質は、肉や大豆から摂取出来て、炭水化物は米やイモからとることが出来ます。
脂質は植物の油や、動物性の油があって、脂質が多いと肥満になる可能性が多くなります。

食事に必要なものは、特にビタミンやミネラルが豊富なものが必要で、野菜から採ることが出来ます。
そこで野菜は毎日朝と夜の2回に分けて摂取すると、効果的にミネラルやビタミンが採れることになります。

なにを、食べるにしても栄養素の偏りは、身体に良くないことが分かっていますし、いろんなものを食べた方が栄養が隅から隅まで行きわたる必要があると思っているのでしょう。
手軽な食品で保存が効いてくれるものは、納豆、かまぼこ、ミニトマト、ヨーグルトなどがあると、結構な健康体になれると思います。
野菜が保存が効かないので、その点は真空を買ってくるなり、対応の仕方を変えて上げることが必要になってくるでしょうね。

今上げたものを少しだけ毎日食べることが出来れば、かなりの健康体に近づけると思います。
自分に必要なものだけではなく、自分が苦手なものを持ってこれるようになれば、もっと健康に近づくでしょう。
頑張りましょうね。

Comments are closed.